海老名市 しいな整骨院 交通事故治療 むち打ち治療 腰痛 スポーツ障害 頭痛 肩こり 目の疲れ

臨床歴30年、延べ35万人を施術した経験をいかして地域のよきヘルスアドバイザーを目指します。
〒243-0410  神奈川県海老名市杉久保北4-3-17  
TEL046-239-1556

 

ランナー膝(膝蓋大腿骨ストレス症候群)は、膝を動かすと膝の皿(膝蓋骨)と太ももの骨(大腿骨)の下端がすれ合う状態です。

ランニングによって生じる膝関節痛の総称で、変形性膝関節症、腸脛靭帯炎、膝蓋軟骨軟化症などが原因となる。狭い意味では膝蓋軟骨軟化症をさす

ランナー膝とは

膝蓋骨は円形の骨で、膝の周囲の靭帯、腱がつながっています。ランニング中正常な状態であれば膝蓋骨は僅かに上下に動き大たい骨に触れることはありません。

ランナー膝とは、正常な状態では走ってるときには膝のお皿(膝蓋骨)は大腿骨に触れることなくわずかに動いています。歩いたり走ったりしている時に足が過度に内転(回内)すると脛(すね)は内側にねじられ、膝蓋骨を内側に引っ張ります。一方、大腿四頭筋は膝蓋骨を外側に引っ張ります。このような相反する力がかかることで膝蓋骨の裏側と大腿骨の末端部がすれて痛みます。

ランナー膝は構造的な異常が原因で起こることがあります。例えば膝蓋骨の位置が正常より高すぎるか低すぎる、膝蓋骨と筋肉の位置のずれ、太ももの裏側の筋肉が硬い、正常なら膝の安定に役立つ太ももの筋力が弱い、アキレス腱が固い、といった原因があります。治療が可能な原因として最もよくみられるのが太ももの筋力不足で、筋力が弱いために膝蓋骨が横に動いて太ももの骨とすれてしまいます。次に多い原因は歩行中やランニング中に足の小指側に体重がかかりすぎる状態(回内)で、このとき太もも前面の筋肉(大腿四頭筋)によって膝蓋骨が外側に引っ張られます。こうした力が一緒になって、膝蓋骨と大腿骨下端との摩擦が引き起こされます。

痛みや時には腫れがランニング中に起こり、膝蓋骨の裏側あたりに集中します。最初は下り坂だけで感じられた痛みが、次第にどこを走っても起こるようになりやがて走る時以外(特に階段を下るとき)も痛みを感じるようになります。

ランナー膝の前面に出る痛み お皿の前内側や前外側、あるいは膝蓋骨の裏側に症状がでます。

前内側の痛みはお皿のなかにある滑膜ヒダの伸長、あるいは引っかかりが原因で発症することがあります。

前外側の痛みはお皿を抑えている膜(支帯)神経の障害や、お皿の外側に無理な力が加わることで摩擦が生じます。

お皿の裏面の痛みは、お皿と大腿骨の間にある軟骨が障害することで生じます。(膝蓋軟骨軟化症ともいいます)

治療は膝の前面に出る痛み、前内側の痛み、前外側の痛みは機能障害(働き、動きの問題)なので安静、アイシング、電気治療、テーピング、包帯、マッサージなど一般的治療でもやわらぎます。

膝蓋軟骨軟化症は時間経過とともに軟組織、硬組織自体の変性がおこり構造傷害(軟骨自体の破壊)となり長期の治療が必要です。

ランナー膝(膝蓋大腿骨ストレス症候群)は骨盤の癖、ずれが先にあって足の動きが生理状態でない時間経過の姿ととらえています。

お気軽にご相談ください!

こんな地域から来院しています

海老名市伊勢原市綾瀬市相模原市町田市藤沢市
寒川町逗子市大磯町足柄町鎌倉市厚木市 
愛川町大井町箱根町秦野市葉山町松田町
真鶴町湯河原町三浦市大和市山北町南足柄市
二宮町中井町開成町小田原市横浜市川崎市

神奈川県海老名市 しいな整骨院 交通事故治療 むち打ち治療 腰痛  スポーツ障害

先頭へ戻る